ホーム » 臨床研究情報センターの取り組み » 臨床研究情報センターが実施・支援する臨床試験・研究

臨床研究情報センターが実施・支援する臨床試験・研究

臨床研究情報センターでは、わが国におけるトランスレーショナルリサーチと臨床試験・研究を推進するために随時研究を受け入れており、研究の計画から運営、解析に至る全ての過程において包括的な支援体制を整えています。認知症を対象とした研究として、下記の研究を実施・支援しています。

軽度認知障害におけるアルツハイマー病の早期発見に関する上海コホート研究

主任研究者復旦大学附属 華山病院(上海;中華人民共和国)神経内科学教室 洪 震
目的
  1. アルツハイマー病(Alzheimer‘s Disease:AD)に転換する軽度認知障害(Mild Cognitive Impairment:MCI)症例の同定
  2. 転換に関連する因子の探索
目標登録症例数400症例
研究期間2012年1月~2016年12月
(登録期間:2012年1月~2013年12月 追跡期間:2012年1月~2016年12月)
研究デザイン前向き観察研究
主要評価項目MCIから“Probable AD Dementia”への転換時間
副次評価項目MCIから“Possible AD Dementia”または“Probable AD Dementia”への転換時間、MCIから“All-cause Dementia”への転換時間、全生存、神経心理学検査の変化、日常生活動作の変化、MRIの変化